最新のお知らせ

イマージョン教育報告

教育課程特例校(文部科学省指定校) 英語イマージョン教育2019年度報告

学園としてみる「英語イマ―ジョン教育」の実践とその成果

1 都城東高等学校における英語イマ―ジョン教育について

教育課程特例校の指定を受けてより、高校の「情報」と「保健体育」の授業で日本人および外国人の指導者による指導を行ってきた(TT形式)。また同時に、海外からの留学生(入学)や短期留学の受け入れを継続している。昨年度からの新型コロナウィルス禍によって、こうした外からの動きは止まっているものの、在籍中の留学生は日々笑顔で学習に臨んでいる上に、日本人学生も留学生と一緒に学習や学校生活で様々に交流を深めている模様である。

こうしたグローバルな学校環境を背景に、今後の日本社会を担うであろう生徒に国際感覚を身につけさせ、実践的な英語力・英会話力を習得させる上で、この英語イマ―ジョン教育による授業の展開は重要なものだと捉える。

また、授業時の理解をより深めたい、英語での対話をよりスムーズに行いたいという生徒の気持ちの表れは、英語検定の受験と合格者数の推移に見て取ることができる。ここ数年での大幅なUPを今後も推進していってほしいと望んでいる。

これからの未来を生きる生徒、今後の世界に生きる若者に英語力と国際感覚を教え育んでいけるよう、学校全体の教育活動を通じて取り組んでほしい。

 

2 今後に向けて

高校での検証結果に、英語イマ―ジョン教育を導入しているクラスと、導入していないクラスでの英語検定においての合格状況に若干の差異がみられるというものがある。より詳細にわたって分析も必要な部分であるが、全体的に導入学級の生徒の方が、英語もしくは英会話に対しての苦手意識が少ない印象があるとの報告もある。これらを継続して検証しつつ、今後の力点を探り、具体的手だてを構築できるよう、現場での一層の実践と成果を期待したい。

 

都城東高等学校の「英語イマ―ジョン教育」/2019年度報告

本校の教育目標は、「人格を磨き、確かな学力と技術を身につけて未来を切り開き、社会に貢献できる人材の育成」です。そうしてその目標達成のために掲げているのが「本校の教育の3つの柱(礼節教育・デュアル教育・グローバル教育)」です。
本校ではこのグローバル教育の推進力として「英語イマ―ジョン教育」に取り組んでいます。授業や学校生活のさまざまな場面全体を通して、英語をツールとして使い、単語(語彙)力はもとより、「何となく言っていることが分かる・伝えられる」という感覚的な力まで育てていきたいと願っています。

〔都城東高校として感じるイマ―ジョン教育の成果〕

まずは生徒の中にある「英語は苦手」という意識を減らし、「話せたら楽しい」「自分から話しかけてみる」という喜びやチャレンジ意欲を増やすことから始めている。
その点、生徒たちはクラスの中で、廊下や体育館やあらゆる場所で、お互いに普通の感覚で挨拶し言葉を交わしているので、“いつの間にか”自分の隣に「外国人がいる」環境には慣れてきたようです。
そして現在では、自分の学校には「外国から来た友達がいる」となり、「日本語と英語をミックスして話をしていることが当たり前」になったというように、徐々にスムーズに意識や行動が変化してきた様子がみられます。数値や形に表される成果も必要だが、こうした“身につく感覚的な何か”とも言える部分において、生徒全体に変化が見られたことが何より重要であり、現段階での一番の成果だと感じています。

分かりやすく言えば、本校には宮崎県内各地から、そして県外からも多く入学してきています。言葉(方言)も違えば、地域の伝統や慣習も結構異なっているのですが、生徒の多くは、本校の留学生たちをそれに近い感覚で受け入れているような印象を受けます。実際、英語イマ―ジョン教育の授業(「情報」「保健体育」)に限らず、すべての授業において、お互いに教師の説明等を教え合ったり、グループ活動で話し合ったりしています。逆に英語で教師が説明する際には、留学生が他の生徒をリードするなど、そうした雰囲気は、そこに国境(ボーダー)はないということを物語っています。

今後とも、英語による教授内容や指示等を理解できる語学力を育てながら、実際に学習内容を習得させていく。そして何より、英語が、外国人が、外国・世界がそこにあることを普通の、当たり前のことと思う感覚を培っていきたいと考えています。

 

資料【都城東高等学校の英語イマ―ジョン教育について】

1 英語イマ―ジョンでの授業について(生徒意見集約)


よくわかる:31%  だいたいわかる:43%  少しわからない:21% ほぼわからない:6%

とても楽しい:35% 楽しい:57% あまり楽しくない:5% 楽しくない:3%

〔その他の意見(要約)〕
・英語の時はゆっくりと話してもらえるので分かる。部分的に分からない言葉もあるが、前後の話や活動内容の状態でだいたい判断できる。
・他の授業でもやってもらえると楽しくなりそう。
・留学生と一緒に説明し合うとわかりやすいし、楽しく授業できるからいい。
・顔とか雰囲気で何となく意味がわかるようになるのが楽しい。

 

2 保護者の英語イマ―ジョン教育の授業についての意見


とてもよい:33% よい:62% あまりよくない:4% よくない:1%

〔その他の意見(要約)〕
・文法的なことより、まず簡単な挨拶や会話ができるようになることは大切。
・授業なのだから、分からない時はちゃんと質問したりしてそのままにしない。
・授業内容の大切な部分は、子どもがちゃんと理解しているかの確認をして、分かっていないままに先に進んでしまわないようなチェックをしてほしい。
・2教科だけではなく、他の授業ではしないのか。増やしてもよいのでは。
・今の実施クラス以外に、進学系のクラスでも一週間の何時間かずつくらいをイマ―ジョンの形で授業してもらうとよいのでは。
・教科書にある英語や、試験に出る英語ばかりではなく、説明やジョークまで英語で聞ける機会は大人にはなかなかないので、意味があると思う。

 

資料 過去3年の推移

【分析と評価】
本校が英語イマ―ジョン教育をスタートさせる段階では、英語検定受験はすべて希望者のみでした。そこでイマ―ジョン教育の導入に連動して、生徒が最低でも年1回は受検できるようにしました。結果、より上級の合格への意識の高まりが見られただけでなく、検定を受けることでの英語学習への意識が深まり、また英会話に進んでチャレンジしようという雰囲気が広がってきています。資格取得+英語力UPをめざします。

【分析と評価】
3年前までは、級に関係なく合格者の数は10名程度でした。この3年ほどで、授業での英語イマ―ジョン教育、行事や日常の学校生活での留学生とのふれあいなどを通して、英語環境づくりの雰囲気は出来つつあると感じています。英検の合格者数も着実に増え、簡単な英会話から英検上級合格までその幅はあるけれど、学校全体に「外国語は身近にあるもの」という意識に変わってきた点で、ここまでの取り組みの成果はあると考えています。

【分析と評価】
英検の合格結果について、まず特筆すべきは1級・準1級の合格6名です。およそ3級以上になると難易度が段階的にぐんぐん高くなっていくなかで、準2級から1級までの合格者数14名というのは、とても素晴らしい結果だと思います。
次に、本校入学時に英検に合格したことがなかったという生徒たちが、5級~3級に「チャレンジして初めて合格しました」と笑顔で語っている姿です。私たちは、そんな声を増やしていきたいと思っています。

 

外国人生徒と日本人生徒が入り混じってのオリエンテーション

 

国際交流協会主催の行事に参加しました。

体育授業では、ストレッチの指導を英語で受けました。

 

ウィー校長と英語対談の様子

 

 

 

教育課程特例校(文部科学省指定校) 英語イマージョン教育2018年度報告

【本校が導入する英語イマージョン教育の報告】

(1)特別の教育課程の編成・実施により達成を目指している学校の教育目標との関係

本校は、「5年後、10年後、20年後に都城東高等学校で学んで良かったと思える教育を」スローガンとして掲げ、急速に進むグローバル社会に対応すべく「どんな場所でも、どんな時代でも生きていくことができる」生徒を育成するため、「礼節教育」「デュアル教育」「グローバル教育」の3つの教育の柱を基に教育活動を実践している。

その一環として、英語イマ―ジョン教育を導入しており、同時に、現在21名の留学生を受入れ、学校生活においていつでも英語でコミュニケーションができる環境づくりに取り組んでいる。

今回、英語イマ―ジョン教育を導入した結果、導入していないクラスと比べると、【参考資料1】のような結果が得られた。このことは、英語に触れる機会が多ければ多いほど、生徒が英語イマ―ジョン教育を通して、語学や異文化に対し興味・関心が出てくると考えられる。

また、【参考資料2】では2017年度と2018年度の英語検定の合格率を示したものであり、英語イマ―ジョン教育を導入した2018年度は、英語検定の合格率がアップしていることが分かる。

今後は、4技能から評価できる指標を作成していきたい。

【参考資料1】

 

 

 

 

 

 

【参考資料2】

 

 

 

 

 

 

【授業の様子】
(社会と情報)

 

 

 

 

 

 

(体育)

 

 

 

 

 

課題の改善のための取組の方向性

英語イマ―ジョン教育が生徒に充てる影響として、関心・意欲については成果を得られているが、英語の4技能的観点からの評価方法について検討する必要があり、大学等の教育機関にアドバイスをいただくなど、連携構築に努める。

今後、これら構築した組織で検証した結果を総括して、3年に一度研究発表を実施し、文部科学省へ報告を行う。

最近の記事

過去の記事はこちらから!

ページ上部へ戻る