「プロのパイロットが不足」ドローン安推協の川口事務局長が講話

「プロのパイロットが不足」

ドローン安推協の川口事務局長が講話

 

ドローン(無人航空機)について勉強する自動車工業科・専攻科の「部外講話」が10月22日、本校体育館でありました。講師はドローンの安全推進に特化した事業・啓もう活動を展開している一般社団法人ドローン安全推進協議会(井上幸彦代表理事)の川口禎光事務局長です。

川口事務局長はドローンの「現状認識」から「これからの展望」「就職」といった項目で講話を進め、「ドローンは新たな産業革命をもたらす」としたうえで、「ドローンの騒音問題や重いものを吊り下げる重量問題など、ハード面での整備は出口が見えている。対して操縦者の育成は遅れており、プロのパイロット不足が懸念されている。今からでも決して遅くはない。挑戦してみてください」と生徒らに呼び掛けていました。

 

「おがたま祭」でドローン操縦体験ができる

11月4日の本校文化祭「おがたま祭」では、自動車工業科・専攻科が「ドローン操縦体験教室」を開きます。問い合わせは同科(電話0986・52・1010)へ。

 

写真説明=ドローンの現状と将来展望を話す川口禎光事務局長=体育館で

 

都城東高等学校

〒889-1996
宮崎県北諸県郡
三股町大字樺山1996
TEL:0986-52-1010 FAX:0986-52-1011

MIYAHIGA MOBILE